【求人も違う?】幼稚園と保育園、ここが違う

保育園と幼稚園、なんとなく雰囲気は違うけど、具体的にはどう違うの?と思ったことはありませんか?

 

保育士資格と幼稚園教諭の資格、両方を持っている方にとっては、転職先や就職先を保育園にするか幼稚園にするかというのは悩みどころ。

もちろん園によっても違うのですが、保育園か幼稚園かによって大きく異なってくるポイントもあるんです。

 

今日は、そんな「保育園と幼稚園の違うところ」で注目すべきポイントをご紹介します。

保育時間、保育日数の違い

 

保育日数についても、保育園では特別な規定はありません。
そのため、日曜祝日以外は基本的に開園している、という保育園が主です。

幼稚園は39週を下回らなければいいということですので、夏休みや冬休みなどの長期休暇を設けています。
土曜日も公立の幼稚園になると開いていないですね。

一日の保育時間も、保育園は原則8時間以上です。
幼稚園では、4時間以上となっていて、遅くても14時ごろには降園するという幼稚園が多いです。

 


入園条件の違い

保育園では保護者の仕事や病気などの状況により預けることが可能です。
家での保育に支障をきたすと認められた時だけ、入園できるのです。

そのため、専業主婦(求職していない場合)の世帯では保育園に入園することは基本的にできません。
しかし幼稚園になると基本的に条件はなく、人気の高い幼稚園では面接などの試験を行っている所もあるのです。

更に、保育園は、その施設長が定めれば、0歳から利用することができます。
幼稚園は基本的に3歳児からとなっていますので、利用できる年齢が違ってくることもあります。

 

保育内容の違い

基本法例が、児童福祉法と学校教育法ということで、保育内容についても変わってきます。
それは保育園は家庭にかわって子どもを保育するということなので、生活面へのアプローチが多いのです。

しかし幼稚園では、園によって特性はあるものの、心身の発達を助長することを目的としています。
そこで学習面を中心とした指導になります。

こういった違いが実は、幼保一元化への働きを後押ししたのです。
それは保育園に対するニーズの複雑化が、幼稚園と保育園を組み合わせないと対応できない状況になってきたのです。

保育園でも学習面に特化して欲しい。
幼稚園でも預かる時間を長くして欲しい。

そういった要望が増えてきたんですね。
そこで組み合わせたんですが、なかなかここも難しい問題が残っています。

 

勤務面での違い

一番気になるのは、働く上での環境の違いです。
保育時間の違いからも分かるように、幼稚園勤務の方が勤務時間は少ないのです。

保育園では保育時間が長時間になることから、職員の勤務はシフト制で、土曜日出勤もあります。
しかし、幼稚園は固定時間勤務が多いですが、準備などで勤務時間は8時間以上の人がほとんどです。

どちらにしても、保育に対する準備物などをしなくてはいけないので、負担の大きな職業なんですね。

そこで見極めなくてはいけないのは、幼稚園であるか、保育園であるかではなく、負担が少ない職場はどこか?ということです。保育の求人サイトを選ぶ時にも、同じ保育園でも働きやすい保育園と言うのは必ず存在します。

求人詳細をしっかりと読んで、長く働ける環境を見つけてくださいね。