【求人も違う?】幼稚園と保育園、ここが違う

保育園と幼稚園、なんとなく雰囲気は違うけど、具体的にはどう違うの?と思ったことはありませんか?

 

保育士資格と幼稚園教諭の資格、両方を持っている方にとっては、転職先や就職先を保育園にするか幼稚園にするかというのは悩みどころ。

もちろん園によっても違うのですが、保育園か幼稚園かによって大きく異なってくるポイントもあるんです。

 

今日は、そんな「保育園と幼稚園の違うところ」で注目すべきポイントをご紹介します。

保育時間、保育日数の違い

 

保育日数についても、保育園では特別な規定はありません。
そのため、日曜祝日以外は基本的に開園している、という保育園が主です。

幼稚園は39週を下回らなければいいということですので、夏休みや冬休みなどの長期休暇を設けています。
土曜日も公立の幼稚園になると開いていないですね。

一日の保育時間も、保育園は原則8時間以上です。
幼稚園では、4時間以上となっていて、遅くても14時ごろには降園するという幼稚園が多いです。

 


入園条件の違い

保育園では保護者の仕事や病気などの状況により預けることが可能です。
家での保育に支障をきたすと認められた時だけ、入園できるのです。

そのため、専業主婦(求職していない場合)の世帯では保育園に入園することは基本的にできません。
しかし幼稚園になると基本的に条件はなく、人気の高い幼稚園では面接などの試験を行っている所もあるのです。

更に、保育園は、その施設長が定めれば、0歳から利用することができます。
幼稚園は基本的に3歳児からとなっていますので、利用できる年齢が違ってくることもあります。

 

保育内容の違い

基本法例が、児童福祉法と学校教育法ということで、保育内容についても変わってきます。
それは保育園は家庭にかわって子どもを保育するということなので、生活面へのアプローチが多いのです。

しかし幼稚園では、園によって特性はあるものの、心身の発達を助長することを目的としています。
そこで学習面を中心とした指導になります。

こういった違いが実は、幼保一元化への働きを後押ししたのです。
それは保育園に対するニーズの複雑化が、幼稚園と保育園を組み合わせないと対応できない状況になってきたのです。

保育園でも学習面に特化して欲しい。
幼稚園でも預かる時間を長くして欲しい。

そういった要望が増えてきたんですね。
そこで組み合わせたんですが、なかなかここも難しい問題が残っています。

 

勤務面での違い

一番気になるのは、働く上での環境の違いです。
保育時間の違いからも分かるように、幼稚園勤務の方が勤務時間は少ないのです。

保育園では保育時間が長時間になることから、職員の勤務はシフト制で、土曜日出勤もあります。
しかし、幼稚園は固定時間勤務が多いですが、準備などで勤務時間は8時間以上の人がほとんどです。

どちらにしても、保育に対する準備物などをしなくてはいけないので、負担の大きな職業なんですね。

そこで見極めなくてはいけないのは、幼稚園であるか、保育園であるかではなく、負担が少ない職場はどこか?ということです。保育士求人を選ぶ時にも、同じ保育園でも働きやすい保育園と言うのは必ず存在します。

求人詳細をしっかりと読んで、長く働ける環境を見つけてくださいね。

0 コメント

【求人さがし】保育園の評判を調べる方法【その2】

前回は、保育士が転職するときに重要な「保育園の評判の調べ方」をご紹介しました。

そのひとつとして口コミをあげましたが、口コミ以外にも自分で調べる方法はたくさんあります。

 

今日は、「保育園のホームページから、良い保育園かどうか判断する」ために注目するポイントをご紹介します。

こんな保育園には注意が必要!

検索してみて、それなりに雰囲気が掴めて来たら、ぜひにもチェックしておいてほしいところがあります。
それは保育園独自のホームページになります。

最近ではほとんどの保育園がホームページを持っていて、そこでは園の生活などを伝えてくれたりもします。
しかし、歴史の古い保育園や、忙しすぎる保育園はこういった自分のホームページを持っていません。

それは保育が充実しているということも考えられます。
ホームページがないことは、検索する側にはとても不便なことですが、非営利目的の保育園にとってはそこまで重要なことではないのです。

 

 

ホームページのここを見る

そこで一番注意しなくてはいけないのは、ホームページは持っているけれどほとんど更新していないという保育園です。
ホームページをクリックしてみると、とてもかわいらしいページが表示されたとします。

しかし、こういったホームページは業者に頼めば、すぐに作ってくれるのです。
雛型はできますが重要なのはここから更新しているかどうかということです。

何のためのホームページであるかということを考えてみましょう。
それは利用している保護者やこれから利用しようか迷っている保護者への情報発信です。

それなのに更新されていないとなると、一応の体裁は整えたけれど、情報発信する気持ちが少ないのです。
更に、そのホームページに意見箱などがあるかどうかを見てみましょう。

情報交換のツールがないという保育園は、クレームなどが多すぎて外してしまったか、ホームページを省みていない証拠です。
こういったところをチェックして、本当に働きたい保育園か吟味しましょう。

 


求人情報だけでは分からないから

保育園の検索をすることは全く悪いことではありません。
求人情報を見た時に、雰囲気が知りたいと思うのなら必要なことです。

こういった検索をしても今一つ分からないなあと言う時は、保育士転職のサイトに登録してみましょう。
コンサルトさんが保育園の雰囲気を教えてくれたり、場合によっては事前に見学などもできます。

是非、働きたい!と思う保育園を見つけられるように、頑張ってください。

0 コメント

保育士が最重要視しなければならない子どもたちの安全について

子どもはどんなことを、いつ何時やるのか予測が出来ません。

 

それは家庭であても同じですが、保育園に預けた以上は保護者は保育園を絶対安全な場所と認識しています。

 

もちろん子ども同士のケンカといったものは別ですが、予想外の事故やケガは絶対に防がなければいけません。

 

しかしどこで何が起こるか分からないからこそ、保育士は子どもたちの様子から目を離してはいけません。

 

子どもたちの安全をどう守るのか、それは保育士の手腕にかかっていると言っても過言ではないのです。

年齢別でみる安全管理

 

未満児 未満児(0、1、2歳クラス)

 

行動範囲もそれほど広くないので比較的身近な場所での事故やケガのリス クがあります。

 

机や棚などの角をカードする、入り口にはベビーガードの使用が最も当然のことになりますが、やはり一番有効です。また月齢によってはなんで も口に入れるので誤飲の可能性があります。

 

口に入るものは手の届くところには置かないことも忘れてはいけません。抱っこなどをする際は保育士のポケットの 中に入れてあるものにも注意を払いましょう。意外な盲点ではありますが、子どもから見ると身近な場所になります。

 


年少クラス 

 

きちんと伝えれば 理解をすることが出来ますので難しくならないように分かりやすく説明することを忘れずに。

 

またイラストなどを使い視覚から注意を促す方法も有効です。

 

バラ ンス感覚など身体能力がまだ未熟ですから遊具などの事故にも注意が必要です。必ず保育士が付き添い、順番を守り落ち着いて遊ぶことを常に伝えられると良い ですね。

 


年中クラス

 

年少クラスに比べると、コミュニケーションも身体能力も格段に成長します。

 

この頃は元気よく遊ぶことで、思いもよらない事 故を誘発してしまうことがあります。

 

しかし今までは自分の遊びばかりだった子も周囲を見るようになりますから、お友達が何をしているのか気づける時期にな り、危ないことをしていたと教えてくれるようになりますから、こういった経験を子どもたちにフィードバックしていくと危ないことをしてはいけない経験に繋 がります。

 

少しずつ言葉での注意が出来るようになっては来ていますが、それでも思いがけない事故には注意が必要です。

 


年長クラス

 

身体能力も言 葉のやり取りもしっかりしてくる時期ですので、やってはいけないことを明確に説明しておくことが望ましいです。

 

園外の散歩も積極的に取り入れ、交通安全マ ナーに触れることで入学後の登下校への一歩を踏み出すのも良いですよ。

 

また下の年齢の園児たちと関わることで自然と危ないことを回避することを体験出来ま すから、異年齢での関わりも大切にしたいですね。

 


怖いのは水の事故

 

普段の生活の中にも危険は隠れていますが、季節限定だからこ そ怖いのは水の事故です。

 

水に関わる事故は普段関わらない遊びだからこそ、事故として起こりやすいです。

 

小さな子供ならわずか20センチの水でも溺れてし まいますので、プールや水遊びの際は絶対に目を離さないで下さい。



意外に多いのは登降園時の事故

保育園の中ばかりに気を取られ がちですが、実は登降園時の事故も多いです。

親が目を離した一瞬の隙に飛び出し事故に遭ってしまうなど、園外での事故やケガもあるのです。

園で出来ること は啓発しかできませんが、親子で交通安全について考えてもらう場を作るなどの対策を取り入れる園も多いです。

 


著者

兵庫県のとある町で、保育士をしています。悩みまくった新人の時期もやっとすぎ、楽しくのびのび仕事ができるようになってきたので、今まさに悩んでいる新人の保育士さんたちに何かしら役立つ話が出来ればと思います。

 

 

まとめ

安全を守るために、一瞬でも気が抜けない保育士という仕事ですが、子どもたちの笑顔を守るためには絶対にしなければいけないことです。元気に登園してきた子が元気に降園することが出来るように日々の保育を頑張って下さいね。

0 コメント

保護者と保育士をつなぐ「連絡帳」のコツは

意外に思われるかもしれませんが、事務仕事の多さは保育士の仕事の特徴です。

とくにクラス全員分を書くことになる連絡帳は、その仕事量を負担に感じる保育士が少なくありません。

いい連絡帳にするにはどうしたらいいのでしょうか。負担が少なくなる工夫とは、どのようなものがあるのでしょうか。

目線は「保護者」にする

以前、保育園に子どもを預けていたとき、保護者の立場で連絡帳も書いていましたが、毎日大変だと思うこともありましたが、ほとんどは「楽しい」と思っていました。就寝時間から起床時間、食事や排せつなどの細かい情報にコメントを加える乳幼児期は、子どもが朝食をあまり食べなかったため、ちょっと困りましたね。

のんびりと食べていて食事が進まず、園に連れていく時間が迫るため、連絡帳に書く時間も取れませんでした。途中からあきらめて、準備した食事を記入するようにしていきました。書き並べただけなので、実際には食べてないもあり、「食べた」ことにしてしまおうと思っていました。

実際に、保育園に勤めていて驚かされるのは、乳幼児の午前おやつに出てくるのが、クラッカーでした。それも2枚ほどです。「このくらいでいいんだね!」とわかっていたら、少しだけ気楽に考えられたかもしれません。

休日は、連絡帳を書く時間に余裕もあり、子どもの休み中の様子や面白ネタなどを書くことができました。保育士の先生も、園での様子をちゃんと書いてくれて、子どもが大きくなっても読み返して楽しい気持ちになります。仕事と家事の両立、苦戦していた私にとって、かけがえのない育児記録ができあがっていました。

 


我が子、自分の子供の場合にどうしたか?

ちなみに、我が子は家での出来事を「連絡帳に書いてほしい!」とせがみました。ほかにも、帰宅すると保護者欄と保育士欄を読んでもらう時間を楽しみにしていました。小学校に入ってからも、「ちゃんと連絡欄に書いてね!」とせがんていたくらいです。

とはいえ、2歳児クラスのときには、先生との折り合いに難しさを感じていたのも事実です。家のことがゴタゴタしてしまい、それを連絡していなかったために、どうも不信感を抱かれていました。子どもの方も、だんだん保育園に行きたがらなくなり、保育園に行ったらずっと号泣していて、給食さえ食べない日もあったということです。ご迷惑をかけてしまっているなぁ…、十分にわかっていることではありましたが、連絡帳に「今日は、ずっと好き放題していましたよ」みたいに書かれると、さすがにショックを受けました。

 

その状況に頭を抱えてしまい、連絡帳に「仕事も保育園も辞めた方がいいと、悩んでいます」とありのままに書きました。それを読んだ先生から謝罪され、以降そのようなことがなくなりました。

先生との良好な関係を築けているときはもちろん、折り合いがつかないときも、助けになってくれたのが連絡帳の存在だと感じています。

0 コメント

おたより上手な保育士の例文集

保育士の仕事のひとつに、毎月の「園だより」の作成があります。

このおたよりの作成、書物のなかでもかなり時間がかかるお仕事で大変ですよね。

 

文章を書くことが苦手な保育士の場合、おたより当番になるのが憂鬱・・・という人もいるのではないでしょうか。

でも、保護者のなかには毎月の園だよりを楽しみにされている方がたくさんいます。適当に終わらせてしまうというわけにはいきませんよね。

 

保護者の方が毎月楽しみにしてくれるような「おたより」の作成のコツをまとめてみました。

どうして「おたより作成」が苦手と思ってしまうのか

 

「おたよりがうまくかけない!」と悩む保育士に特徴的なのが、文章力に対して自信を持てないということです。

箇条書きなどの文章はうまくかけるのものの、おたよりの書き出しや結びの文章のところで、「この文章、あっているのかな?」と不安になってしまう人が多いのです。

 

また、毎日の遊びやイベントごとが少ない0歳児クラスの保育士だと、「毎月同じような内容になってしまって、変化に乏しい・・・」という悩みもありますよね。

 

そして、「センスがない」と悩む保育士もいます。おたより作成は、きれいなイラストを選んだり、枠内に文章を配置したり、それぞれの要素のレイアウトを考えたり・・・というデザインセンスが必要な場所もあります。何度も考えてもしっくりこなくて、結局毎月おなじようなレイアウトになってしまう、という保育士も多いのではないでしょうか。

 

そんな悩みに対して、長くおたよりを書いてきた保育士の実例をみてみましょう!

 

 

文章力がない保育士でも大丈夫!

 

なかでも、文章力については、一朝一夕で身につかないと思っている保育士が多いと思います。

「あの先生は文章力があっていいなあ」とあきらめモードに入っていませんか?

実は、だれでも素敵な文章をかけるコツがあるんです。

 

「基本」にかえって文章を書いてみよう

 

それは、学校でも習う「文章を書くときの基本」にかえるということ。

私も「今更基本なんて・・・」と思っていましたが、これを意識するようになってからおたより作成が格段に楽になりました。

 

文章の基本とは、「5W1H」を意識すること。たった、それだけなんです。

 

ちなみに、5W1Hとは、

  • When:いつ(日時)
  • Where:どこで(場所)
  • Who:だれが(行為をした人)
  • Why:どうして(理由)
  • How:どうやって(方法) 
  • What:なにをした(内容)

です。

 

この基本を意識しながらいもほりについて書いてみると、

「10月3日、保育園付近のおいも農園でひよこ組が芋掘りを行いました。」

となります。この場合、WhyとHowが入っていませんが、書くことがない要素は無理に入れる必要はありません^^

 

そして文章ができたら、園だよりですので少しくだけた表現にしていきます。そうすることで保護者の方に親近感をもっていただけますね。

でも、崩しすぎると「ちゃんとしていない先生」と取られるかもしれませんので、先輩の保育士や園長先生とおしゃべりするくらいの表現が良いでしょう。

 

先程の例文を崩してみると、

「10月3日、近くのおいも農園でひよこ組のみんなが芋掘りをしました!」

となります。
 

 

書き出しの文章に季節感をもたせよう

 

基本にそった文章がかけるようになったら、次のステップは「季節感を出す」ということです。

これを行うことで、毎月同じような文章になることを防ぐことができます。

 

とくに書き出しにつかう季節要素のある文章を「時候のあいさつ」ともいいますが、保育雑誌やインターネットでたくさん載っているので、調べてそのまま真似してしまうのも良いでしょう。

 

参考までに、各月の書き出しを書いてみました。

  • 4月:ご入園、ご進級おめでとうございます。新年度が始まるのに合わせて、園庭の桜の木も満開になりましたね。
  • 5月:早いもので、入園・進級から1ヶ月が経ちました。保育園の子どもたちも、新しいクラスやお友達、そして先生にも慣れてきたようで・・・
  • 6月:雨の季節となりました。お部屋で過ごす時間が増え、いつもと違うメンバーで遊ぶ子どもたちも。
  • 7月:日に日に暑さが増す時期になりました。どろんこ遊びや水遊び、楽しい遊びがたくさんの7月ですが・・・
  • 8月:毎日30度を超す暑さで夏バテしそうですね。
  • 9月:心地よい秋風とともに、朝夕が少しずつ肌寒さを感じるようになってきました。
  • 10月:高い空にいわし雲が浮かび、すっかり秋の雰囲気が漂ってきました。
  • 11月:周囲の公園の木々も少しずつ赤や黄色に染まってきましたね。
  • 12月:いよいよ今年も大詰め!おっとりした先生も走りだすという師走の時期になりました。
  • 1月:寒さも少しずつ厳しくなり、本格的な冬の訪れを感じられる時期になりました。
  • 2月:厳しい寒さが続く日々ですが、保育園で元気な子どもたちの声を聞いていると寒さも吹き飛んでしまいそうです。
  • 3月:年長組は卒園式、年少・年中組は進級の時期が近づいてきました。

いかがでしょうか?簡単な一言でも、季節に応じた言葉をいれるとぐっと親近感が高まりますね。

 

 

 

イラスト・レイアウトは完成品を使う

 

続いては、センスが問われるイラストとレイアウトについてです。

 

文章だけだとどうしてもかっちりしてしまうので、園だよりにはイラストが必須ですよね。でも、相当イラストに自信がある人でないと、いちから絵をかくのはかなり大変です。

 

そんなイラストについては、挿絵集やインターネットのイラストを利用しましょう。今は、インターネット上でも無料のイラストがたくさんあります。「秋 イラスト 無料」と検索すると、たくさんの無料イラストサイトが見つかりますよ。

挿絵集やイラストサイトのイラストをおたよりに掲載する場合は、著作権的に掲載しても大丈夫なのか確認してから使うようにしましょう。

 

可愛いイラストが多すぎて、選ぶのに時間がかかってしまう・・・という悩みが生まれてしまうかもしれません。

 

 


読む人の目線にたったおたより作成を


たくさんの保護者の人に楽しんでもらえるお便りを作成するのは、本当に難しいことです。

でも、一番大事なのが、「読む人の目線にたって書く」ということ。

 

保育園にこどもをあずけているお母さんたちは、どんな内容をしりたいと思っているのか?

この文章を読んで、悲しく思ったりもやもや悩んでしまうポイントはないか?

という目線で、一度読み返してみましょう。

 

書いた文章を、時間をおいて何度も読み返すことで、新しい発見があります。

そうやって何回も文章について考えることで、素敵な文章がさくさく書けるようになりますよ。

0 コメント

保育士の情報一覧