幼稚園と保育園、ここが違う

保育園と幼稚園、なんとなく雰囲気は違うけど、具体的にはどう違うの?と思ったことはありませんか?

 

保育士資格と幼稚園教諭の資格、両方を持っている方にとっては、転職先や就職先を保育園にするか幼稚園にするかというのは悩みどころ。

もちろん園によっても違うのですが、保育園か幼稚園かによって大きく異なってくるポイントもあるんです。

 

今日は、そんな「保育園と幼稚園の違うところ」で注目すべきポイントをご紹介します。

保育時間、保育日数の違い

 

保育日数についても、保育園では特別な規定はありません。
そのため、日曜祝日以外は基本的に開園している、という保育園が主です。

幼稚園は39週を下回らなければいいということですので、夏休みや冬休みなどの長期休暇を設けています。
土曜日も公立の幼稚園になると開いていないですね。

一日の保育時間も、保育園は原則8時間以上です。
幼稚園では、4時間以上となっていて、遅くても14時ごろには降園するという幼稚園が多いです。

 


入園条件の違い

保育園では保護者の仕事や病気などの状況により預けることが可能です。
家での保育に支障をきたすと認められた時だけ、入園できるのです。

そのため、専業主婦(求職していない場合)の世帯では保育園に入園することは基本的にできません。
しかし幼稚園になると基本的に条件はなく、人気の高い幼稚園では面接などの試験を行っている所もあるのです。

更に、保育園は、その施設長が定めれば、0歳から利用することができます。
幼稚園は基本的に3歳児からとなっていますので、利用できる年齢が違ってくることもあります。

 

保育内容の違い

基本法例が、児童福祉法と学校教育法ということで、保育内容についても変わってきます。
それは保育園は家庭にかわって子どもを保育するということなので、生活面へのアプローチが多いのです。

しかし幼稚園では、園によって特性はあるものの、心身の発達を助長することを目的としています。
そこで学習面を中心とした指導になります。

こういった違いが実は、幼保一元化への働きを後押ししたのです。
それは保育園に対するニーズの複雑化が、幼稚園と保育園を組み合わせないと対応できない状況になってきたのです。

保育園でも学習面に特化して欲しい。
幼稚園でも預かる時間を長くして欲しい。

そういった要望が増えてきたんですね。
そこで組み合わせたんですが、なかなかここも難しい問題が残っています。

 

勤務面での違い

一番気になるのは、働く上での環境の違いです。
保育時間の違いからも分かるように、幼稚園勤務の方が勤務時間は少ないのです。

保育園では保育時間が長時間になることから、職員の勤務はシフト制で、土曜日出勤もあります。
しかし、幼稚園は固定時間勤務が多いですが、準備などで勤務時間は8時間以上の人がほとんどです。

どちらにしても、保育に対する準備物などをしなくてはいけないので、負担の大きな職業なんですね。

そこで見極めなくてはいけないのは、幼稚園であるか、保育園であるかではなく、負担が少ない職場はどこか?ということです。
求人を選ぶ時にも、同じ保育園でも働きやすい保育園と言うのは必ず存在します。

求人をしっかりと読んで、長く働ける環境を見つけてくださいね。

0 コメント

保育園の評判を調べる方法【その2】

前回は、保育士が転職するときに重要な「保育園の評判の調べ方」をご紹介しました。

そのひとつとして口コミをあげましたが、口コミ以外にも自分で調べる方法はたくさんあります。

 

今日は、「保育園のホームページから、良い保育園かどうか判断する」ために注目するポイントをご紹介します。

こんな保育園には注意が必要!

検索してみて、それなりに雰囲気が掴めて来たら、ぜひにもチェックしておいてほしいところがあります。
それは保育園独自のホームページになります。

最近ではほとんどの保育園がホームページを持っていて、そこでは園の生活などを伝えてくれたりもします。
しかし、歴史の古い保育園や、忙しすぎる保育園はこういった自分のホームページを持っていません。

それは保育が充実しているということも考えられます。
ホームページがないことは、検索する側にはとても不便なことですが、非営利目的の保育園にとってはそこまで重要なことではないのです。

 

 

ホームページのここを見る

そこで一番注意しなくてはいけないのは、ホームページは持っているけれどほとんど更新していないという保育園です。
ホームページをクリックしてみると、とてもかわいらしいページが表示されたとします。

しかし、こういったホームページは業者に頼めば、すぐに作ってくれるのです。
雛型はできますが重要なのはここから更新しているかどうかということです。

何のためのホームページであるかということを考えてみましょう。
それは利用している保護者やこれから利用しようか迷っている保護者への情報発信です。

それなのに更新されていないとなると、一応の体裁は整えたけれど、情報発信する気持ちが少ないのです。
更に、そのホームページに意見箱などがあるかどうかを見てみましょう。

情報交換のツールがないという保育園は、クレームなどが多すぎて外してしまったか、ホームページを省みていない証拠です。
こういったところをチェックして、本当に働きたい保育園か吟味しましょう。

 


求人情報だけでは分からないから

保育園の検索をすることは全く悪いことではありません。
求人情報を見た時に、雰囲気が知りたいと思うのなら必要なことです。

こういった検索をしても今一つ分からないなあと言う時は、転職サイトに登録してみましょう。
コンサルトさんが保育園の雰囲気を教えてくれたり、場合によっては事前に見学などもできます。

是非、働きたい!と思う保育園を見つけられるように、頑張ってください。

0 コメント

保育園の評判を調べる方法【その1】

転職を考えたら、次の保育園こそ、長く勤める保育園に行きたいなあと思いますよね。
それはとても自然なことです。

しかし、求人情報を見ただけでは、当然のことながら保育園の内情と言うのは見えてきません。
時際に働かないと分からないことはたくさんです。

そこで、こういった検索の方法はいかがでしょうか?ということで、今回はご紹介します。

保育園の口コミってどこで検索すればいいの?

まず、あなたが知りたい保育園の名前をネット検索するとします。
大きな保育園やできたばかりの保育園なら、保育園のホームページがあることも多いでしょう。

しかし、古くから歴史のある保育園や、まだまだそこまで手が回っていないところだと、ホームページに行きつくことは不可能です。

そこで、何を使って検索すればいいのか?というとそれは保育園の口コミサイトを使ってみましょう。
保育園の口コミサイトとなると、保育士には向いていないんじゃないか?と思っていませんか?

それは少し間違いです。
確かに、検索サイトの口コミは保育園に預けたい人に向けて書かれています。

しかしこの情報をきちんと読む込むことで、職場の雰囲気、どれだけ忙しいのか?というのが分かってくるのです。

 


保育園の口コミサイトを使うメリット

まず、この口コミサイトを使うメリットについてご紹介しましょう。
口コミで書かれていることは、利用している保護者から投稿されたものですので、保育園の雰囲気を代弁してくれているのです。

例えば
「保育士さんが明るい保育園」などと書かれていると、その保育園の保育士さんたちの雰囲気が伝わってきます。

「若い先生が多いです」と書かれていると、元気な保育園なのかな?ということが想像できます。
しかしここでは、この保育園の歴史などを考えてみるのが必要ですね。

新規オープンの保育園なら若い先生ばかりでもほとんど問題はありません。

しかし、歴史ある保育園若い先生ばかり、となるともしかすると離職率が高くちょっと働くには厳しい保育園なのかもしれません。
あなたの転職で一番重要視することが、働く環境の整備なのだとしたらこの保育園に行くのは少し戸惑いますよね。

 

 

口コミの評判を鵜呑みにするのもだめ

また注意しなくてはいけないのは、この口コミの評判がいいからと言って保育士にとっても評判のいい保育園ではないということです。
保護者にとって評判がいいということは、保護者にあまり多くを求めない保育園であることが多いのです。

例えば、保育園で何かトラブルが起きたとしても、保護者の言いなりではないですが、保護者の意見を聞き入れやすいとか。
保護者の思いばかりを受け入れて現場の保育士の想いをなかなか受け入れてくれない経営方針であるとか。

そういったことを考えていた方がいいです。
どちらかにいいということは、もう一方にとって必ず都合の悪いことが出てきます。

保護者に対して、しっかりとした子育て支援をしている保育園では口コミは必ずしもいいものばかりとは限りません。
保育園に自分勝手な都合を押し付けてくる保護者はいます。

そういった保護者こそ、口コミへの投稿もするものです。
なので、悪い口コミが多いから、この保育園もあまりよくないんだ、という決めつけは良くありませんね。

0 コメント

遊びのアイディアや書類対策に便利な保育雑誌

保育雑誌をみたことはありますか?

今はインターネットで様々な情報が入手できますから、わざわざ雑誌を買って読む・・・という保育士さんはすくないかもしれません。

 

でも、保育雑誌には、遊びのアイディアから仕事の参考にできるスキル特集まで、様々な情報がつまっています。

今日は、保育士のしごとをちょっと便利にする保育雑誌をご紹介します。

遊びのアイデアが欲しい保育士におすすめの保育雑誌

ちょっと特徴が偏ってくるかもしれませんが、運動会前や、参観日前になるとこういった新しい取り組みが必要になる時もあります。
自分の中にあるアイデアがもうないよ!!と困ってしまった時にはとっても役に立ちます。

POTの特徴

遊びのアイデアが豊富で、毎月発刊されるのがこの雑誌です。
本当に役に立ち、その季節ならではの遊びも展開してくれるので、助かります。

ちょっとした隙間時間にする遊びから本格的な遊びまで掲載してくれているので、一年中使えますね。
他にも、保育の知識も掲載されています。

保育のひろばの特徴

こちらも、毎月発刊されています。
遊びに関する情報が網羅されていて、何をどんな風にすればいいのかというのが良く分かります。

更に、遊びの展開についても知識をくれるので、1つの遊びを通してどんな風に展開していきたいのか?
狙いはどうするのか?というのも見極められます。

基本的に「体」をしっかり動かす遊びが多いので、運動会前などにはとても役立ちます。
また発刊元が「株式会社メイト」なので、雑誌で使われている道具なども、もしかしたら保育園に備えてあるものが使えたりして、便利です。

書類対策が知りたい保育士におすすめの保育雑誌

保育士の仕事の中で馬鹿にできないのが、書類です。
しかし、何をどう書けば書類ができ上がるのか、最初の頃は雲を掴むような話です。

そこで、こういった書類を書く時のポイントを教えてくれる雑誌があるのです。

保育とカリキュラムの特徴

とにかく、書類制作のヒントをたくさん書いてくれている雑誌です。
現場経験豊富な大ベテランの先生方がこの雑誌の編集をしています。

そのため、現場の保育というものがよく分かっていて、文字にしても違和感を感じません。

また、0~5歳児担当の先生方が、自分の担当の年齢の所の書類について毎月会議を開いて考えてくれていますので、年齢にも則しています。
こういった年齢別の書類はもちろん充実しています。

それ以外にも素晴らしいのは「異年齢児保育」や「特別支援児への保育」に関する書類についてもきちんとヒントをくれているということです。
とっても具体的な指導計画とアドバイスがついてきていますので、あなたの虎の巻となること間違いなしです!

保育情報誌はあなたの味方です

いかがでしたか?
これ以外にも、保育情報誌は「保育の友」や「幼児と保育」など多数あります。

専門誌ですので、それに特化した雑誌になっています。
何を知りたいのか?というのをよく考えて見極めると、あなたの強い味方になります。

これは求人にも同じことが言えますね。
あなたが一番何を望んでいるのか?をよく考えて求人を選ぶことで、素晴らしい求人と巡り合えますよ。

0 コメント

保育士試験でも保育園でも使える色鉛筆の選び方

色鉛筆で選ぶべきポイントは?

 

前回は、安い色鉛筆を用意する前に覚えておいてほしいこと、というのをご紹介しました。


では、どんな色鉛筆がいいのでしょうか?

まず最初にこだわりたいのが、芯の固さです。


芯の固さは柔らかめの方がいいとお伝えしたのには理由があります。

これは絵を描く時に、あなたの負担になりにくいからです。
柔らかい芯で色をつけると手の疲れもそこまで貯まりにくいです。

また、芯が柔らかいので、一本の色で濃淡が付き、表現に幅が広がります。
広範囲を塗るのにも、芯が柔らかい方が適していて短時間で塗れるでしょう。

実際に試してみればよく分かると思います。筆先ががりっとなる感覚のものはやめましょう。
あなたの手に一番しっくりくる色鉛筆を選ぶようにしましょう。

 

 

保育士試験の時は色をカスタマイズするのが◎


そして実技試験では、色鉛筆は何色でも持って行っていいというものではありません。
一般的に24色まで、と決められていると事が多いようで、ここでは色の指定はありません。

極端に言うと、微妙に色が違う赤系の色を24本持って行っても失格にはならないのです。
色をつける時に不便で、あまり高得点は取れそうにありませんがね。

24色入りの色鉛筆を買うと、大抵入っているのが金色と銀色です。
この色は実際に使いませんので、画材店などに行き、違う2色と入れ替えるというのが合格への近道です。

そこで是非入れて欲しいのはみかん色やたまご色といった色です。
この色なら、人物の輪郭を使う時に使えます。

また、色鉛筆は消しゴムで消せませんので輪郭で失敗したとしても、こういった薄いたまご色なら色塗りの時にリカバリーできるという点があるのです。

下書きの対策もしてますか?

造形の試験の対策と言うことで、色を塗ることばかりに気を取られていませんか?
確かに、色の塗り方も、イラストの印象を大きく変えますので、配色には気を使わなくてはいけません。

しかしこの絵で一番大きなポイントとなるのは人物です。
保育に関する絵を描くわけですから、子どもがいたり、保育士がいたりする絵を描きますよね。

絵の一番大きな印象を担っているとも言える人物の表情が魅力的でないと、印象も悪くなります。

この時、下書きでたくさん間違っている跡が見えるものと、一発で描けているもの。
どちらの印象がいいでしょうか?

やはり、描き間違いの少ない絵の方が見やすいですよね。
輪郭などは一発で描けるように何度も何度も練習することが必要になってきます。

これは、人物だけではなく他にも保育の現場の中に必ずあるモノの輪郭にも及びます。
例えば

・こどもの運動帽子
・靴
・保育室
・ピアノ
・運動会の用具

などです。
問題によって、何を背景や道具として入れるのか変わってきます。
でも、その中にあなたの得意なものを入れておくと自信にも繋がります。

実技試験で合格するには、練習あるのみ!です。

色鉛筆選びで就職が決まる!

いかがでしたか?
造形の対策をするには、あなたの手になじむ素晴らしい色鉛筆選びが必要になってきます。

どの色鉛筆とマッチングするのか・・・というのは求人の探し方にも似ていますよね。
色鉛筆と同じように、一番就職しやすい求人を目指して頑張ってください。

0 コメント

保育士の情報一覧